猫とおえかきと東京巡り

愛猫の写真とイラスト、時々東京観光も書きます

『ほら、ここにも猫』・第107話「セミの羽化」

もうちょっとしたら出番。

 

『ほら、ここにも猫』・第107話です。

 

f:id:nekonekomuseum:20180618231343j:plain

 

作成日:206/09/08

 

 

それと知らずに、セミの幼虫が出てくる穴を塞いでいるねこがいるので、穴の中では大空と恋を夢見ていたセミが涙をこぼすのです。

 

夏の代表格ともいえるセミですが、9月の中旬ぐらいまではまだ元気だったりします。

 

セミの寿命は1週間とよく言いますが、それはセミを捕獲して弱らせてしまうからであり、実際は一か月ぐらいは生きるんだとか。

 

それにしても短い命ですが、幼虫でいる時期が数年と考えると、虫の中では長生きの部類になりますね。

 

最近の家の近所では、クマゼミを見かけるようになりました。