猫とおえかきと東京巡り

愛猫の写真とイラスト、時々東京観光も書きます

ぎんにゃ線

「其のまま地口 ぎんにゃ線」『総集編・ぎんにゃ線路線図』

ぎんにゃ線完結記念、総集編! これまで登場した猫たちを、路線図とともにお楽しみください。 ※総集編作成しているときに、京橋と日本橋の順番を間違えていたことに気づきました。 銀座→京橋→日本橋→三越前が正しい路線の順番となります。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」19(終点).浅草(あさくさ)/ねこくさ

19(終点).浅草(あさくさ)/ねこくさ 胃腸の調子を整える為、猫草を食べる猫。 何で猫が草を食べるのかは、まだわかってないのだそう。ちなみに我が家の猫は猫草食べません。 ぎんにゃ線、終点へ到着しました。次回総集編です。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 18.田原町(たわらまち)/たわらもり

田原町(たわらまち)/たわらもり 米を狙うネズミから俵を守る猫。 猫の元々のお仕事。この仕事から人間と猫の関係が築かれていきました。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 17.稲荷町(いなりちょう)/いないよう

稲荷町(いなりちょう)/いないよう 突然消えてしまった飼い主を探そうとする猫。 昨年ネットを中心に流行したマジック。 犬や猫、オウムまでもが消えた飼い主さんにびっくり。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 16.上野(うえの)/うえき

上野(うえの)/うえき 植木の中に入り込んで寝る猫。 植木鉢が小さくても無理やり入ったり、複数の猫が入っていることも。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 15.上野広小路(うえのひろこうじ)/うえにしろぼうし

上野広小路(うえのひろこうじ)/うえにしろぼうし 頭のうえにしろぼうしを被せられ、とても不機嫌な猫。 被り物嫌いな猫の場合は、帽子は諦めましょう。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 14.末広町(すえひろちょう)

末広町(すえひろちょう)/おえしろちょう 白い蝶々のおもちゃを追いかけ、じゃれつく猫 蝶々と紐が分離するのは時間の問題。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 13.神田(かんだ)/さんた

神田(かんだ)/さんた サンタの衣装を着た、雪のように真っ白な猫。 山手線、中央線に続きここまで神田駅が皆勤です。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」12.三越前(みつこしまえ)/みつごしまい

三越前(みつこしまえ)/みつごしまい じゃれ合う仲良しの、三つ子姉妹の猫達。 同じ父親で同時期に生まれた姉妹、という言い方が正しいのかもしれません。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 11.京橋(きょうばし)/りょうあし

京橋(きょうばし)/りょうあし 両足を、ぴーんと伸ばして寝る猫。 暖かい時期に見られるかもしれない寝相。猫は体が長い生物である事を認識させてくれます。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 10.日本橋(にほんばし)/にほんあし

日本橋(にほんばし)/にほんあし 外の様子が気になり、二本足で立つ猫。 元ネタの「猫飼好五十三疋」では、にほんだし、となってます。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 9.銀座(ぎんざ)/ちんざ

9.銀座(ぎんざ)/ちんざ パソコンの上に堂々と鎮座する猫。 Q.なぜ猫はパソコンの上に乗るのか? A.そこにパソコンがあるからさ。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 8.新橋(しんばし)/しんあじ

新橋(しんばし)/しんあじ 新しい味のキャットフードを、早く食べてみたい猫。 猫のご飯は人間にとってはかなり薄味で、どれも同じ味に感じたりします。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 7.虎ノ門(とらのもん)/とらのおん

虎ノ門(とらのもん)/とらのおん ごはんをくれる優しい人に、恩返しの得物を持ってきた虎猫。 猫は義理堅い生き物です。優しくしてくれる人には、必ず恩返しをするのです。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」6.溜池山王(ためいけさんのう)/かめいけさんぽ

溜池山王(ためいけさんのう)/かめいけさんぽ 亀のいる池の周りを散歩する猫。 亀さんはのろまの代名詞ですが、白亜紀の大絶滅をしれっと生き延びてたりするので、結構タフなお方です。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」5.赤坂見附(あかさかみつけ)/おさかなみつけ

5.赤坂見附(あかさかみつけ)/おさかなみつけ 焼き魚をみつけて、こっそり盗もうとする猫。 秋の味覚。そのうち高級品になる?

「其のまま地口 ぎんにゃ線」4.青山一丁目(あおやまいっちょうめ)/あゆやまいっちょうで

青山一丁目(あおやまいっちょうめ)/あゆやまいっちょうで 鮎の山盛り一丁を食べようとする、食いしん坊な猫。 これまでの最高文字数の10文字。鮎をこんなに沢山描く事は、後にも先にもないかも。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 3.外苑前(がいえんまえ)/かいてんまえ

3.外苑前(がいえんまえ)/かいてんまえ 開店前でもマイペースな、猫茶屋の猫たち。 猫の手も借りたいほど忙しい。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 2.表参道(おもてさんどう)/おもてさんぽ

表参道(おもてさんどう)/おもてさんぽ 車に乗せてもらい、おもてを散歩する猫たち。 このまま病院へ連行される事もあります。

「其のまま地口 ぎんにゃ線」 1.渋谷(しぶや)/しぶちゃ

渋谷(しぶや)/しぶちゃ 渋茶を飲んだ飼い主の、苦そうなリアクションを見つめる猫。 お茶を美味しく入れるのは難しいものです。

其のまま地口・ぎんにゃ線

猫あるある+浮世絵企画第三弾。 江戸時代末期に活躍した歌川国芳絵師は、東海道五十三次の宿場の名前を猫に関係する言葉にもじった戯画「其のまま地口・猫飼好五十三疋」(そのままじぐち・みょうかいこう ごじゅうさんびき)を描きました。 地口(じぐち)…