猫とおえかきと東京巡り

愛猫の写真とイラスト、時々東京観光も書きます

猫写真#875

それ、あなたの飲むお水ですよ。

猫写真(動画)#874

View this post on Instagram A post shared by 広翼 (@choco_lion_)

猫写真#873

『世界ネコ歩き』のロケ地、新宿ゴールデン街を訪ねてみました。 昭和の雰囲気がいい味を出しています。 そして確かに猫の看板が多い 4C's BAR ROSSOさんの猫さんにも遭遇できました ネコ看板。 探せばもっとあるかもしれません。

猫写真#872

目の横の線はクレオパトララインというそうです。 この線に沿って顔を撫で撫ですると、気持ち良いみたいです

猫写真#871

飼い主が着替えていると、大きな目で見つめてくる。 まさか出かけるんじゃないよね?と言いたげに。

猫写真#870

かなり伸びてますが、お腹を上にする事はしない。

猫写真#869

その体どうなってるの。 何で肉球が顎の下にあるの?

猫写真#868

シロモが〜!! いや、自らモフモフの下に潜り込んだのかも?

猫写真#867

その獲物はわたしのものだ。 お前はそこで見てるがいい。

猫写真#866

不思議なポーズをして寝ている。 まるで、孵化を待つ卵の中のヒナのような。

猫写真#865

あざと可愛く見せる方法を知っている。

猫写真#864

寝たふりしてるのは誰ですか。

猫写真#863

奇跡的な一枚! 魅惑の必殺技、舌出しウィンク!

猫写真#862

今日も美術館の子達に会えた! そして前回見かけなかった、茶白の子もいたので安心しました ハチワレさんはいつも塀の上にいますね 暑さのせいか、地面で寝てて動きませんでした この子達はいつ見てもむっちりしてるので、美術館の人か常連さんがごはんあげ…

猫写真(動画)#861

View this post on Instagram A post shared by 広翼 (@choco_lion_)

猫写真#860

ミミ様はおでこにMという文字が描かれています。 すなわち、MimiのMです 体は名を表すのです。

猫写真#859

無防備なもふもふ。 お腹をむにっと触りたくなります

猫写真#858

世界は猫を中心に回っている。といいたくなる程に、猫は可愛いのです

「其のまま地口 みゅくとしん線」F04.平和台(へいわだい)/へいわだい

地下熱の床暖房で、喧嘩をすることなく平和にくつろぐ猫達。 暖かで心地の良い場所では、喧嘩も起きないようです。

「其のまま地口 みゅくとしん線」F03.地下鉄赤塚(ちかてつあかつか)/ちかねつあたたか

地下熱の床暖房が暖かくて、すっかり伸びてしまった猫。 野生を忘れた猫。お腹をモフモフしたくなる無防備さ。

ねこアニメ#5『光と猫の帝国』

ルネ・マグリットパロディアニメ第二弾。1954年「光の帝国」に猫が入り込みました。 光の帝国はマグリット作品で一番好きです。 この作品はいくつかバージョンがあり、一番好きなのが水たまりが描かれたものです。

『ほら、ここにも猫』・第404話「クリスマスの夜・4」(Christmas night)

猫のせいでいつもプレゼントが貰えない少年。 『ほら、ここにも猫』・第404話です。 ドローン技術が発達した今、もしかしたら数年後にはドローンサンタに乗せられて、プレゼントが空から贈られてくるということが実現するかもしれません。

「其のまま地口 みゅくとしんせん」F02.地下鉄成増(ちかてつなります)/ちかねつあります

地下熱の床暖房でくつろぐ猫。 地下熱は火山ではなく、太陽光により作られる熱の事だそう。

「其のまま地口 みゅくとしんせん」F01.和光市(わこうし)/ねこうし

牛のような模様の猫。 間もなく丑年も終わり。来年はトラ猫が主役。

「其のまま地口 みゅくとしんせん」

猫あるある+猫の浮世絵第15弾! 江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳は東海道五拾三次の宿場名を猫やそのしぐさに関係する言葉でもじった戯画『其のまま地口・猫飼好五十三疋』(そのままぢぐち・ごじゅうさんびき)を描きました。 地口とは駄洒落や語呂合わ…

『ひゃくにゃんいっしゅ』七十一、大納言経信(だいなごんつねのぶ)

本名は源経信(みなもとのつねのぶ)。 平安後期の公卿・歌人。 詩・歌・管弦の才能に恵まれ大納言(現代でいうところの内閣官房長官や官僚)まで出世した。 田んぼは猫にとっての遊び場のようです。

『ひゃくにゃんいっしゅ』七十、良暹法師(りょうぜんほうし)

平安中期の天台の僧で歌人だが詳細は不明。 比叡山の別当(総括等を行う管理職)を務めたと言われている。 猫がいても秋の夕暮れは寂しいようです。 「あいうえおほしさま」というポンキッキで昔やっていた歌を聴きながら描きました。

『ひゃくにゃんいっしゅ』六十九、能因法師(のういんほうし)

本名は橘永愷(たちばなのながやす)。 平安中期の歌人で26歳の時に出家。和歌に対して情熱を注いでいたと言われている。 ここでの三室山は奈良県生駒郡斑鳩町にある三室山のこと。 猫達が暴れるので紅葉が落ちてくるようです。

『変身にゃんこのABC・動物編』総集編

動物編のZまで終わりました。最後にこれまでの動物達をまとめてもう一度。 かなり擬人化されていた前回のお花編と比べると、動物らしさが最も前面に出ていました。一部爬虫類や両生類もいましたが。 元々日本にいない動物は、外国名そのままというパターン…

『変身にゃんこのABC・動物編』zebra(シマウマ)

ウマ目ウマ科。 ウマとつくがウマよりもロバに近い。アフリカに生息ししましま模様は草原の中に身を隠す効果がある。 過去に何度も家畜化しようと試みがされたが、気性が荒く家畜には向かなかった。 シマウマは3種類いるそうです。