猫とおえかきと東京巡り

愛猫の写真とイラスト、時々東京観光も書きます

「其のまま地口 みゅくとしんせん」

猫あるある+猫の浮世絵第15弾!

 

江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳東海道五拾三次の宿場名を猫やそのしぐさに関係する言葉でもじった戯画『其のまま地口・猫飼好五十三疋』(そのままぢぐち・ごじゅうさんびき)を描きました。

 

地口とは駄洒落や語呂合わせの事で、現代の駅名に猫を当てはめた企画イラストです。

 

今回は東京の副都心エリアを結ぶ副都心線です。

 

それでは、副都心線に乗って出発しましょう。

 

f:id:nekonekomuseum:20211222234038j:plain